サイト利用規約

第1条(目的)
1985年次稲門会(以下、当会)は会員に対し、1985年次稲門会・早稲田大学・早稲田大学校友会・1985年次稲門会会員に関する諸情報をサイト上および電子メールなどで提供することにより、会員および会員相互間の親睦・交流・学術等住まいや暮らしならびに資産形成などの役立たせることを目的とします。

第2条(定義)
本規約において「会員」とは、所定の手続きに基づき、本規約を同意の上、当会に会員登録を申し込み、当会が本規約に従い入会承認をした個人を言います。

第3条(個人情報の利用目的)
会員から個人情報をご提供いただく場合、その情報は、原則として、会員に対し1985年次稲門会の関連情報をご提供する目的、または、1985年次稲門会の運営等を改善する目的にのみ利用いたします。会員の個人情報をこれら正当な目的以外に無断で利用することはありません。

第4条(第三者への提供)
会員からご提供いただいた個人情報は、以下のそれぞれの場合を除き、第三者に開示または提供することはありません。
・本会ホームページの会員検索機能により開示された場合
・上記で挙げた利用目的に必要な限りにおいて、1985年次稲門会の業務委託先に対し開示を行う場合
・法令等により要求された場合、または、
・会員にご承諾頂いた場合  
 
第5条(会員の資格)
会則第5条のとおり。
 
第6条(退会)
会員は、当会が定める退会手続を経ることにより、1985年次稲門会を退会することができます。

第7条(禁止事項)
会員は、以下の行為を行ってはいけません。
1. 他の会員、第三者もしくは当会の著作権またはその他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
2. 他の会員、第三者もしくは当会の財産またはプライバシーを侵害・誹謗する行為、または侵害・誹謗するおそれのある行為。
3. 他の会員、第三者もしくは当会に不利益または損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。
4. 公序良俗に反する行為またはその虞のある行為。
5. 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
6. IDおよびパスワードの不正使用またはそのおそれのある行為。
7. 第三者の電子メールアドレスを登録するなど当会に対して虚偽の申告や届出
8. その他、当会が不適切と判断する行為。

第8条(会員資格の失効)
次のいずれかに該当する場合、当会は事前に通知することなく、当該会員への会員資格を取消すことができるものとします。
1. 会員から当会に対して虚偽の申告があった場合。
2. 当該会員に会員資格を付与し続けることが、1985年次稲門会の運営または他の会員による利用に支障をきたすおそれがあると当会が判断した場合。
3. 登録された電子メールアドレスへの送信が不能となっている場合。

第9条(変更の届出)
会員は、自らの電子メールアドレス、その他当会に届け出ている内容に変更が生じた場合には、当該変更内容を登録し直しするものとします。

第10条(ID番号およびパスワードの管理)
1. 会員は、ID番号とパスワードを第三者に知られないよう責任をもって管理しなければなりません。
2. 会員は、自己が設定したID番号により1985年次稲門会内でなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負うものとします。
3. 会員がID番号もしくはパスワードを失念、漏洩、公開した場合、又はID番号もしくはパスワードが第三者に使用された事実を会員が知った場合には、会員は直ちに当会にその旨を連絡するものとします。

第11条(著作権等)
1. 会員は、1985年次稲門会を通じて提供されるいかなる情報も、著作権法が認める会員個人の私的使用の範囲外では使用できないものとします。
2. 本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当会に何等の迷惑または損害を与えないものとします。