2012年 12月 03日

2012年度waseda85総会&懇親会報告

1985年次稲門会「2012年度総会・懇親会」

◆日時 : 2012年10月21日(日)

       17:30~19:30

◆会場 : 高田馬場 コットンクラブ

第一部  総会

  ◎開会あいさつ

  ◎2012年度 事業・会計の報告および承認

  ◎2013年度 役員候補者の選任および承認

  ◎2013年度 事業計画・予算案の提案および承認

第二部  懇親会

  ◎再会を祝して乾杯!

  ◎懐かしいみんなと歓談

  ◎盛り上げよう楽しい抽選会

  ◎みんなで歌おう ♪都の西北~ 

【メタ穂の仲間、齢50をむかえ】  

 「50にして天命を知る」と論語為政編にあります。はたして我々は、天が自分にあてた使命を自覚できたのでしょうか。

 激動と言われた昭和の最後、我々は、社会に漕ぎだしました。ほどなく小渕先輩が「平成」を伝え「泡の時代」へ。日本は世界の中心で経済を動かし、右肩上がりの景気に国をあげての宴会の最中でした。たしかに好況に沸いてはいました。しかしながら、本当に自分がしたいことが出来てきたのか、幸福であったのか。新人類と呼ばれ、大車輪で働いてきた我々、W85。

 平成24年秋、再び舵の定まらない彷徨を始めているような気持ちになります。

 混迷するリーダー不在の政治、近隣国からの抑圧、弱体化する若者世代。亡国スパイラルへの感傷に、言いたいことは一つ。しっかりしろ日本!もっとはっきり言うなら、日本の復興は、メタ穂の仲間たちにかかっている!まさに50歳にて天命が下ったと感じる瞬間ではないでしょうか。

 半世紀を経て早稲田の杜に再び集い、久遠の理想を求める。日本の再建は、我々の手にかかっていると信じて進もうではありませんか。発会3年目となるメタ穂会の時間は限られています。停滞は腐敗の因をなすと、老侯が示しています。世代を越えた校友との連携や懇親、母校・社会への貢献、立ち止まることなく進んで行こうではありませんか。

 総会&懇親会へのご参加ありがとうございます。まずはここからが更なる発展の一歩です。皆様、よろしくお願いいたしますで、あるんであるんである。

 朝田思乃